· 

「立て膝」で寝ている方いませんか?

オーダー枕・マットレスの測定時や敷きふとんの寝比べをして頂いているときに「立て膝」をされるお客様がいらっしゃいます。

その瞬間 このお客様は腰痛のお悩みなんだと察知することができます。

立て膝で寝る
立て膝で寝る

なぜか分かりますか?

 

つまり、寝ている時の腰痛の症状は寝ている時の姿勢に関係しています。人間の体はお尻が大きいヒップタイプや背中・お尻も出て腰が引っ込んだWラインタイプなど色々な体型があります。普通 体に合っていない敷ふとんやマットレスで寝ると腰は接地せずに浮いてしまいます。つまり 常に腰は緊張しプルプル状態。

だから 無意識に立て膝をすることにより 腰を接地させているのです。

また、立て膝をしない方でも腰痛を訴える方は普段 非常に 高い(厚みのある)枕を使っておられることが多いです。

枕を高くすることで体は丸くなり腰が接地しやすいから無意識のうちに高い枕を使用されています。

確かに立て膝より寝る姿勢としては良いように思うかもしれません。

が、やはり この寝姿勢もよくありません。

首の不良姿勢は血流を妨げ、頚椎を圧迫するためく「首こり」「肩こり」「頭痛」の原因になります

また、気道が狭くなることで十分な呼吸ができず、良い睡眠に不可欠な深い呼吸が出来ません。脳に巡る血液、酸素が薄れては良い睡眠はできません。

寝ている間の不良姿勢は体の歪み、顔や歯並びの歪みなど 人の見た目も大きく変えてしまいます。

世間を賑わす美魔女や俳優・スポーツ選手が眠りを知って 積極的に取り組んでいるのは皆さん、周知の通り。

 

さらに「不良姿勢は不眠の始まり」という言葉あります。寝れない魔の不眠スパイラルに陥ってしまいます。

不眠症でお悩みの方を想像してみて下さい。非常に辛いものです。眠れないから当然元気が出ない。元気が出ないから活動も狭い。食欲も減退する。活動的でないから眠りのサイクルが悪い。そして、また、寝れない・・・。1度この魔のスパイラルに陥ると脱出するのは大変なことです。

 眠りは休息ではなく回復であると言う言葉があります。日々失われる若々しさや毎日のやる気、元気の源を回復し明日に繋げるのが眠りの役割。つまり 若々しく元気に笑顔でバイタリティに溢れた人生を送るのに良い睡眠は不可欠。

「良い睡眠=体に合った寝具を選ぶこと」は人生を華やかにする事につながります。

 

当店ではお客様に合わせたオーダー枕で首部・頭部を支え、オーダーマットレス、オーダー敷ふとんで体を支え、寝姿勢を整えます。立ったままの姿勢(正常立位姿勢を)をそのまま倒した理想の寝姿勢は 明日の元気、将来の若々しさにつながるはずです。

 

是非 皆様 積極的にチャレンジしてみて下さい

 

 

オーダーメイド枕の詳しくはこちら>>>

オーダーメイドマットレス・敷きふとんの詳しくはこちら>>>


皆様を新しい眠りの世界にお連れ致します

快適な眠りのご相談は当店までお気軽にお尋ね下さい